長崎 熊本 ツアー 旅行会社とコラボ企画 スタートしました。

<長崎 熊本 ツアー 詳細>        <ツアー申込はこちら>

Day 1

福岡 → 長崎

店舗を出発したら、糸島(いとしま)から呼子(よぶこ)へ走り、まずは腹ごしらえ。呼子は佐賀県東松浦半島の最北端に位置し、古くから玄界灘の海の幸に恵まれ栄えた漁場です。「イカと言えば呼子」とまで言われるこの町では、透き通るようなイカの活き造りが有名です。加部島(かべしま)に架かる美しい呼子大橋を眺めながら、これからの旅に備えて美味しい海鮮を召し上がれ。初日のハイライトでもある生月島(いきつきしま)では、CM撮影も行われたことのある絶景ドライブロード、サンセットウィエイを走り最北端に立つ白亜の灯台へ。道の名前の通り夕日が沈む時間がお勧めです。条件が合えばマジックアワーに光り輝く灯台が見られるかもしれません。

Day 2

長崎 → 熊本

初日は海沿いを走りましたが、2日目は北松やまびこロードから山道を行きます。せっかく有田焼で有名な有田を通るのですから、絵付け(又はろくろまわし)を体験して行きませんか?スタッフが丁寧に指導してくれますし、出来上がった作品は焼き上がり後に送ってくれますので、ご自宅に帰った後も旅の思い出に浸ることができるでしょう。九州は美味しいものがたくさんありますが、長崎を越える前に召し上がっていただきたいのが、やはり具がたっぷりはいった長崎ちゃんぽんです。県を越えた熊本でも馬肉やあか牛、太平燕や一文字(ひともじ)ぐるぐる、いきなり団子等、他ではなかなか食べられない食文化が待っています。今日の旅の後半は、熊本の観光をお楽しみください。

Day 3

最終日はライダーであれば、一度は走ってみたいミルクロードからスタートします。牧草地帯が続く広大な土地を駆け抜ける爽快感は格別です。早起きは三文の徳。気象条件が合えば朝、大観峰から美しい雲海を見る事ができるでしょう。また晴れていれば九重連山の雄大な景色を見ることができる九重“夢”大吊橋もお勧めです。お腹がすいたら峠の茶屋で地鶏の炭火焼は如何でしょうか?全席囲炉裏形式で、先程の九重“夢”大吊橋を見ながら召し上がることができます。お腹が満たされたら、気持ちも満たしましょう。「満足度100%夢と感動の複合博物館」と称する岩下コレクションでは、200台のヴィンテージバイクに出会うことができます。バイクだけでなくクラシックカーやポスター、玩具など貴重な文化財をどうぞこの機会にご覧ください。

詳細や予約は Moto Tour Japan まで

関連記事